後見実務相談室 TOP > 成年後見Q&A > 後見利用中のQ&A > 記録の閲覧

後見利用中のQ&A

更新日時:2011年06月06日はてなに追加MyYahoo!に追加del.icio.usに追加

記録の閲覧

カテゴリー:後見利用中Q&A

キーワード:

印刷する
質問
後見業務の事件記録は閲覧できますか
回答
裁判所で保管されている事件記録の閲覧に関しては、家事審判規則第12条で、次のように定められています。 第12条 家庭裁判所は、事件の関係人の申立により、これを相当であると認めるときは、記録の閲覧若しくは謄写を許可し、又は裁判所書記官をして記録の正本、謄本、抄本若しくは事件に関する証明書を交付させることができる。 つまり、裁判所は「相当である場合に限って閲覧等をさせることができる」ということです。 したがって、事件記録を閲覧したい申立人は、裁判所に対し、記録の閲覧等をする必要性を説明する必要があります。
前のページに戻る 相談する

この記事に関連性のあるQ&A

このページのTOP▲

相談を入力してください。


RSSフィード登録