後見実務相談室 TOP > 成年後見Q&A > 後見等開始前に関するQ&A > 財産管理委任契約

後見等開始前に関するQ&A

更新日時:2009年08月24日はてなに追加MyYahoo!に追加del.icio.usに追加

財産管理委任契約

カテゴリー:後見等開始前に関するQ&A

キーワード:

印刷する
質問
財産管理委任契約とは?
回答
 財産管理委任契約とは、委任者が受任者に対し、自己の財産の管理に関する事務の全部または一部についての代理権を付与する委任契約です。つまり、現時点では、成年後見制度(法定後見の審判、任意後見契約の効力発生)を利用する段階に至っていない人(精神上の障害により事理を弁識する能力が不十分な状況まで至っていない人)のための民法上の委任契約で、任意代理契約とも言われています。
 例えば、精神上の障害はないものの身体上の障害があるために、契約等の法律行為をすることに不安がある高齢者等が、任意後見契約を締結した後、その効力が発生するまで利用することができます。
前のページに戻る 相談する

この記事に関連性のあるQ&A

このページのTOP▲

相談を入力してください。


RSSフィード登録