後見実務相談室 TOP > 後見実務相談室とは

後見実務相談室とは

後見実務相談室とは

「理論」ではなく仕事に直結した「使える情報」を提供
  • 福祉分野で活躍されている皆さんを支え、
  • 実務で直面する問題に応え、
  • 一人で抱え込んでいる悩みを解消することで

成年後見制度を必要としている市民によりよいサービスが提供される環境づくりのお手伝いしたいと考えています。

「悩み」や「疑問」をすみやかに解決

福祉分野で活躍されている方には、誠実で心優しい人が多く、それゆえに押し並べて一人で頑張り過ぎてしまい、悩みを抱え込んでしまいがちのように見受けられます。こうした真にプロ意識を持つ皆さんの悩みや疑問をすみやかに解決することが、実務のスムーズな遂行に繋がります。

後見実務の難しさ

成年後見の実務は、その内容がいろいろな方面に関係し、どこまで手を伸ばすべきなのか迷うこともあるうえ、当事者の個性や生活環境などはそれぞれ違うため、その人に合った気配りをしなければならないという大変さがあります。

必要な情報はどこに?

最近はいろいろな方面から情報を手に入れることが容易にはなってきていますが、現場で頑張っている皆さんの素朴な疑問や悩みに応えてくれるような情報は十分にあるでしょうか。まだまだ、後見制度自体の解説や表面的な手続の説明で終わっているような情報が多いような気がします。

2000年に成年後見制度が始まり、それからかなりの時間が経ちますが、この制度が一般の人にも十分に知られてきたかといえば、それ程でもないようです。とはいえ、この制度の利用が増えていることも事実であり、必要であることは間違いありません。 そこで必要となるのは、やはり「理論」ではなく仕事に直結した「使える情報」ではないでしょうか。 皆さんのご意見やご提案をいただければ嬉しく思います。

注意事項

  • ボランティアベースでのQ&Aとなりますので、返答に時間がかかる場合がございます。予めご了承ください。
  • それぞれの方から頂きました質問につきましては、個人情報に配慮した形で、Q&Aのコンテンツとさせて頂きます。
  • 後見制度は法律であるため、改定が行われる事で必ずしも当サイトでお答えしている内容と一致しないこと出てくるこもあります。実際の手続きの際は必ず専門家を通して、手続きを行ってください。

相談を入力してください。


RSSフィード登録